生活に変化を持たせる

私はBMI30超えの典型的な肥満でした。

ある日健康診断で「要再検査」と検査結果がかえってきて一念奮起でやせることにチャレンジし、

半年で20キロダイエットしました。パエンナスリムNEO(ネオ)を辛口評価!むくみへの効果と私の口コミ!

その過程と方法をお知らせします。

・間食する習慣をやめる

おそらく太めの人に多いのがついついの間食。

チョコレート一粒で40キロカロリーくらいあり、最初はつらい思いをしましたが

間食はやめました。

・スマホアプリを使用し、すべての食事のカロリーをざっとで構わないので計算する

一日1000キロカロリーを超えないようにして半年間がんばりました

・ながら間食をやめるため何かに夢中になる

なんでもいいんです。

スポーツ観戦でも、読書でも。

暇だから、手が空いたからといってちょっとお菓子をつまむ、

こういう悪い習慣があったためまずは「ながら食べ(本を読みながら何かをつまむなど)」をやめ

何かしているときはそれだけに集中するようにしました。

・毎日決めた距離は万歩計を使用して歩く

私の場合「10キロ」と決めて毎日万歩計でチェックして歩きました。

最初は10キロ!!という感じですがひと月もすればなれます。

むしろ歩かないほうが気持ち悪いなぁということで習慣になります。

・人とご飯を食べるときはダイエットしているから断るではなく食べるもの、飲むものを考える

ダイエットしているから人会うことをしないと決め込んでしまうとすごくストレスが溜まってしまいますよね。

人と会って楽しくご飯を食べることはいいんです。

変化のある自分をきっと友達は褒めてくれます。

食べる量と、内容を考えて(油ものばかり食べない、できるだけ野菜を多く食べる、炭水化物を最初にとらず

野菜を食べた後に食べるなど)頂きましょう。

たくさん食べたなという日は、次の日いつもより歩くことを増やしたりすれば大丈夫です。

最後にこの方法で20キロ痩せましたが、一時10キロ体重が戻ってしまいました。

ダイエットは一生続く道なので、できるだけ減量した体を維持して、ストレスにならない程度に

続けていきましょう!