求職活動が楽になる哲学のアドバイス

みなさんは仕事先を探すとき、どのように活動していますか?

勤務地、時給、時間帯、職種など、さまざまな決め手の要素がありますし、探す手段としても、ハローワーク、民間エージェント、求人サイト、求人誌など、多種多様な方法があふれています。

そんな情報過多な現代で、自分に合った勤務先を見つけるのは、自分がどんな生活をしていきたいのかということを考える大事な決断に繋がるのではないでしょうか?

そんなライフスタイルを決定していくことに対するアドバイスとして、哲学の専門家が提案した記事を読んだことがあります。

それは、型にハマった正解はないということです。

無数の選択肢があるなかで、モデルタイプのお手本はありません。自分で、自分らしく選んでいけばいいということです。

どこで、どんな仕事をして、どんなことに興味を持って生活するのか、それは十人十色であっていいということ。私はそれを知って気が楽になりました。いつも心のどこかでステレオタイプになろうとしてしたからです。

みんなと同じように、誰かと同じように、という考えは自分に無理を強いるものなのではないでしょうか?

仕事を決めるときにも、様々な条件をひとつずつ自分で選んでいけること。

そういう自由を楽しみながら、自分らしい働き方を探していけばいいのではないかと思います。