2週間ごとのヘアカットはやはり面倒…

薄毛の見た目を改善する為ここ数年はしっかり髪の毛を刈り込んでいるのですが、相変わらず元気な側頭部や後頭部の髪の毛は伸びるのが早く、対応が遅いと酷い事になってしまいます。

薄く元気の無い前頭部や側頭部に比べ、たちまち側頭部や後頭部が黒々とボリュームを増し、見た目を大きく老けさせてしまうのです。http://www.afleurdetemps.com/
薄い部分と濃い部分のバランスが上手く保てるのは、髪の毛を刈り込んでからせいぜい2週間ちょっとといったところで、3週間を待たずして早くもヘアカッターを入れ直す事になります。

ヘアカッターのアタッチメントの感触も、頭頂部や前頭部がフワフワ・ムズムズなのに対し、側頭部や後頭部はゴワゴワ・ザラザラとしたもので、その元気良さが恨めしい位です。

これだけ側頭部や後頭部の元気が良いとなれば、もっと経済的に余裕があった場合自毛移植も考えたに違いありません。ただ植毛の定着率はまだまだ個人差が大きい様で、早目に手を出さなかった分幸せかも知れません。

今後更に頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなる様であれば、自宅だけでなく、出張先や旅行先でも髪の毛を整えられる、小型のヘアカッターを用意する必要が出て来るかも知れません。幾ら短くしても、髪の毛に対する悩みが途切れる事は無いのです。