継続できるダイエット

私は 中学の時部活に入っているわけでもなく、自転車通学をしているわけでもないのにとても食欲旺盛でした。
家ではおやつにポテトチップスを一袋完食し夕飯後小腹が空くと、カップ麺を食べ残りのスープまで飲み干すという
成人男性のような食欲でした。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素

そんな私が自分のおデブさに気づかされたのは、中学二年生の終わりかけです。
中学校へ入学後、家族で旅行に行った時の家族写真を見た時でした。
「…お母さん、私こんなにアンパンマンみたいな顔だったの?」 思わずそう聞いてしまいました。
そしてその事に気づいた当日に自分の体とその写真を見比べた時、「あれ?痩せてる…」
気づかぬ間に痩せていたのです。

前置きがとても長くなってしまいましたが、
その時思い返したアンパンマン期を抜け出したと思われるダイエット法を書かせていただきたいと思います。

まず、私が中学二年生の時にハマったものが運動をほとんどしていない私の脂肪を落としてくれました。
それはなんと、ミュージカル映画です!
高校生や同世代の若者が学校生活や恋愛を音楽を通して伝えていく、という内容なのですが
同世代という事もあり影響されてしまった私は、真似をするように歌いながら踊ったり
というか飛び跳ねたりほぼ暴れるように体を揺らしていました。
同時期に飽きた という理由で大好きだった炭酸飲料水を卒業し水を飲むようになり、そこで糖質を摂ることが減ったのだと思います。

社会人になった今気づかされたことも沢山あります。
最近グルテンフリーダイエットが有名なので知っている方は多いと思いますが、小麦粉が大好きな我が家は
パスタに米、お好み焼きに米、うどんと米が当たり前でした。
小麦粉がすぐに体重に影響してくることに気づいた我が家が、一番の敵だと感じるものが
妹のアルバイト先からお裾分けで持ち帰られてくる大量のパンたちです!
妹はアルバイトを初めて三か月で体重が2.5キロ増えてしまったほどの危険な食べ物だという事が判明しました。

長くなってしまいましたが私の経験からお伝えしたいことは、
・適度な運動をすること(筋トレや型にはまったものでなくても、ジャンプするだけでも大丈夫です)
・砂糖の使用されているジュースや炭酸水をあまり飲まない(お水・豆乳おススメです)
・小麦粉の使われている商品はあまり手に取らない(少しづつ我慢していく)

苦になるダイエットは続かないと思いますし、私も我慢することは苦手なので…笑
3つ中1つを我慢してみることから始めてみてほしいなと思います!