30歳を過ぎるとほうれい線が・・・

20代では気にならなかった、ほうれい線が30歳を超えたころから徐々に気になり始めた。
ほうれい線というともっと老齢になってから、出てくるものかな~?なんて化粧品のお悩みコーナーとか
テレビのCMとかでよく「ほうれい線」のことをやっていてもどこか他人事だったけど。

メリフバームクレンズの評価!

でも、30歳を超えた頃から明らかに肌の質感と衰えを感じるように・・
一番ほうれい線を認識したのは、写真を撮った時。特に自分で撮影するようなものだと良い表情とかが自然に出来てしまうからあまりわからないけど、
他人が撮った写真は不意打ちのものもあって、それで初めて「ほうれい線」がヤバイと気づくように。

一度気になってしまうと、ずっとそこばかりを見てしまうのか益々ほうれい線に対して気になりだし
色々とネットなどを調べることに。その中で一番これは、と思ったものがやっぱり「保湿」。

たぶん、年齢を重ねるごとに肌の保湿力が低下したり筋肉の衰えによるたるみが=ほうれい線を起こす原因なのだと思い
今は何より保湿を丁寧に、大切にやることで少しは改善できた。また、意外と盲点だったのは普段の食事で噛む回数が少なくなったこと。

30歳になると仕事だけじゃなくて結婚などで環境が変わって、自分にかける時間も少なくなってくると何をやるにも早さを求めがちで
友達と喋りながらご飯をゆっくり食べる習慣がなくなりつつあったので、それも原因の一つのような気がしてる。