免疫力とは何か、高める行動と食べ物とは?

私たちの周りには目に見えないウィルスや細菌など様々な病原体が潜んでいます。免疫力とは体の中に侵入した異物を常に監視し、撃退する自己防衛システムの事です。そのシステムが正常に働かないと病気になったり、正常な部分を勘違いして攻撃したりしてしまいます。免疫力を担うのは主に血液中の白血球です。

履いたら痩せる?グラマラスパッツのむくみケア効果と私の口コミ評価!

種類が多く病原体から守るため異なる役割がそれぞれあります。病原体を直接食べる、抗体を作る、病原体に感染した細胞を攻撃するという方法で身体を守ってくれる血液細胞です。免疫には生まれつき備わっている自然免疫と生活環境で備わっていく獲得免疫があります。自然免疫は白血球中のマイクロファージや好中球で病原体をいち早く察します。悪さをする前に直接食べて守る血液中に存在する細胞です。獲得免疫は生活していくうちに様々な病原体に晒される中で備わっていきます。

自然免疫だけでカバーできない病原体から守る力をもっています。樹状細胞は体内に侵入した病原体の特徴を覚え、侵入した際にリンパ球がその病原体の抗体を産出して一斉に退治します。さらに感染した細胞を強力に直接攻撃する細胞です。白血球だけではなく私達の身体には様々な仕組みが備わっています。例えば線毛です。鼻の中や喉の粘膜に細い毛のような物が密生しています。線毛は粘液で覆われ侵入した病原体を捕獲する働きがあります。捕獲した病原体を粘液で包み、線毛運動でくねくねと出口の方へ運びます。そうすると咳やくしゃみで体外に押し出されます。

免疫機能を高めるには腸内環境の改善も大切です。人間の身体構造は口から肛門までトンネルのようになっています。腸は体内にありながら外界にさらされ、食事や呼吸をするたびに細菌やウィルスに毎日触れています。免疫細胞の約6割が腸にいるので、免疫を活性化させるには善玉菌の餌になる食べ物をとることです。ヨーグルトも良いのですが日本人に一番合う発酵食品は味噌、納豆、漬物
など昔からの食べ物です。これらにはたくさんの善玉菌の餌、食物繊維などが含まれています。1つだけではなく同時にいくつか取ることで効果倍増します。食べ物ばかりでなく、適度な運動、充分な睡眠、ストレスのない生活をすることが大事です。