いまからできる、顔のシミ対策

紫外線対策は、夏だけのものではありません。

冬も油断することなく、シミ対策が必要です。

シロジャムを3ヶ月間使った私の口コミ!効果が出る人がこっそりやってる3つのポイントは?

顔のパーツでもっともシミの出来やすい場所は「ほほ骨」です。

ホホ骨は、目の下のでっぱりのある場所のことです。

このあたりにシミができやすくなります。

対策としては、屋外ではUVカットのメガネまたはサングラスを常用することです。

顔にフィットするスポーツタイプより、メガネと肌にやや隙間のあるカジュアルタイプのほうが、肌を守る範囲が広く、シミ対策には有効です。

次に、定番の日焼け止めです。

選択するPA値は、その季節の日照時間に合わせたものを使用します。

秋冬は「SPF30・PA+++」、春夏は「SPF50+・PA++++」が良いでしょう。

日焼け止めは、こまめな塗り直しが重要です。

おおむね、2時間に1度は塗り直すよう心がけましょう。

帽子もシミ対策には非常に有効なアイテムです。

キャップよりも肌を広範囲にカバーできるハットをチョイスしましょう。

帽子が似合わない、または髪型の崩れが気になる方は、日傘でも良いでしょう。

ここまで対策をしてもシミができてしまった場合は、皮膚科でシミ取りクリームを処方してもらいましょう。

定期的に塗り込むことで、次第にかさぶたになり、シミが取れる仕組みです。

シミ対策を始めたばかりのころは、なにかとおっくうですが、すぐに習慣化して面倒だと思わなくなります。

将来、シミだらけの顔にならないためにも、いまからシミ対策を行いましょう。